歯科をお探しならこちらがオススメ|最適なクリニック

先生

自己管理が大切

医療器具

インビザラインでの歯列矯正が完了するまで、一体どれくらいの期間を必要とするのかというと、これはもちろんその人の歯並びの程度によって前後しますが、平均的には一年半から二年くらいが一般的です。あまりワイヤーと変わりません。ですが、この期間というのは、きちんとマウスピースを一日20時間以上はめていた場合の計算です。つまり、つけ外しが出来るからと言ってきちんとつけていなくては、中々思う様に歯並びは綺麗にならないのです。強いて言うなら、この自己管理が大切になるのがインビザラインのネックだと言っても良いかもしれません。ワイヤーだと矯正歯科に月に一回ほど行き、そこで調整をしてもらうだけで済みます。ですが、インビザラインの場合は自分でつけたり外したりしつつも、装着時間を管理して行かなくてはいけないので、慣れるまでは少し大変だと言えるでしょう。一日20時間以上と言われると随分と長い印象がありますが、ワイヤーだとこれが24時間ですから、そう考えると少し気楽な気持ちになれると思います。何にせよきちんと自己管理が出来ていたら、最初の見立て通りに治療が進むので、マウスピースの管理は出来るだけ徹底するように心掛けましょう。

戸塚や銀座などの場所には、多くの歯科が存在します。戸塚や銀座方面に建てられた歯科は、駅からも近いので非常に利用がしやすいのです。歯列矯正などの目的で受診する場合にも、仕事終わりに治療を受けることも可能となるでしょう。

歯並びを綺麗にしたい

歯科

成人して社会に出た後であれば、歯科矯正による治療は負担となることが多くあります。歯列矯正ではワイヤーを用いた治療法となるので、見た目の問題から治療が受けられない人も多いでしょう。ワイヤーが目立たない治療もあるので、そちらで対処しましょう。

もっと詳しく

どんな治療か

治療室

マウスピースを使ったインビザラインであれば、見た目もほとんど目立たないので、多くの人が気兼ねなく使うことができます。歯磨きの際にも取り外しが可能なので、歯の健康を保つ意味合いでも高い評価が得られているのです。

もっと詳しく

つけ外しができる

歯ブラシと歯の模型

マウスピースの最大の利点は、付け外しが簡単にできる点にあります。歯磨きの際などに手軽に外し、歯を綺麗に磨くことができるので、虫歯の予防にも効果的なのです。社会人で矯正治療を受けたい場合は、こちらのマウスピース治療が最適となります。

もっと詳しく